人気ブログランキング | 話題のタグを見る

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施

2023年1月7日(土)
「初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキング」

前日昼過ぎまでの天気予報では降水確率50%を維持していたが、既定の17時予報では40%になり催行を決定した。
また、当日は冷えこみと雪のちらつきも予想されていたが、予報に反して日照が続く殆ど風もない絶好のハイキング日和となった。
集客は当初40名に迫り好調だったが、当日までにキャンセルが続き28名となった。
昨年9月に新規入会されたガイド方々の参加もあり、ガイドは22名となり、7班体制でのガイドを進めることにした。ガイド3名に対し、お客様4名となり親身なガイドとなった。
令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15131080.jpg
               受付

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15133470.jpg
              出発時説明

ツアーの開始は、秦野駅南口の野外彫刻と前田夕暮の句碑である。
令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15140372.jpg
               前田夕暮 句碑

今泉あらい湧水公園からひかれた湧水のせせらぎ沿い南に進み、太岳院を目指した。
路地を入ると目の前に太岳院本堂が見え、すぐに左手に山門前の鐘楼が目に入る。
ここで福禄寿と亀のスタンプをスタンプ帳に押す。

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15153514.jpg
               駅前せせらぎ


令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15144464.jpg
               太岳院

今泉名水桜公園を抜けて、尾尻八幡神社(親鶴)に向かう(約30分の行程)。次にはだの桜みちを辿り車の走行に注意しながら西大竹嶽神社(子鶴)に向かう。神社左の小道を登り、右手に秦野赤十字病院を見て、立野台の南ヶ丘への登り坂となる。
令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15170822.jpg
               今泉名水桜公園

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15172730.jpg
               今泉名水桜公園

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15175557.jpg
               尾尻八幡神社

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15182496.jpg
               西大竹嶽神社

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15191134.jpg
               嶽神社 子鶴スタンプ押し


スタートしてから約1時間40分、秦野総合高校前でトイレ休憩をとる、高校横を抜け震生湖への渋沢丘陵がひらけると眼前に真っ白な富士山が現れた。
ここから緩やかな尾根歩きが続き、右手に丹沢山塊の山々、左手に富士山に続く箱根山々が一望できる。
令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15195785.jpg
               震生湖へ

30分ほどで震生湖に下る入口が現れ、下ると湖畔での釣り客が散見された。
ここで散会し、湖畔や弁財天裏のベンチで昼食をとる。
震生湖は関東大震災で発生した地すべりで川がせき止められてできた周囲1キロほどの小さな湖で秋には紅葉が美しい。
令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15203387.jpg
               寺田寅彦 句碑

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15205798.jpg
               昼食

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15212772.jpg
               福寿弁財天

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15215459.jpg
               福寿弁財天


昼食後は、西光寺(毘沙門天)、御嶽神社(恵比寿)、出雲大社相模分祠(大黒様)では正月初詣の客も多く露店の賑わいも見受けられた、浄圓寺(布袋尊)から地元旧家の長屋門前を通り最後のスポットに向かう。
令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15230537.jpg
               西光寺

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15284116.jpg
               御嶽神社

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15290718.jpg
               御嶽神社

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15292494.jpg
               御嶽神社 日馬富士優勝額

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15300391.jpg
               御嶽神社

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15302039.jpg
               出雲大社相模分祠

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15305379.jpg
                出雲大社相模分祠 ゆずりの水

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15324155.jpg
               出雲大社相模分祠


令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15320771.jpg
               浄圓寺 スタンプ押し

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15331400.jpg
               浄圓寺


令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15334812.jpg
               清水家長屋門


白笹稲荷(寿老人)では年末の大祓いの茅の輪くぐりを体験した。
最後のスタンプを済ませて、参加の皆様は完歩賞の記念品を受け取られた。
秦野駅に向かう途中の今泉あらい湧水公園では、幸運にも背中の青色が鮮やかなカワセミの出迎えを受けることができた。
令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15343524.jpg
               白笹稲荷神社 茅の輪くぐり

令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15351135.jpg
               白笹稲荷神社


令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15353423.jpg
               白笹稲荷神社 黄金の泉


令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15361339.jpg
               南公民館 まいまいの泉


令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15364858.jpg
               カワセミ


令和5年1月7日(土)初詣 七福神と鶴亀めぐりハイキングを実施_d0261119_15370504.jpg
               今泉あらい湧水公園


予定時間に秦野駅南口に到着、皆さん元気に到着、好評の感想を頂いた。             (記録:鈴木俊明)
                         
お客様    28  名
観ボラガイド 22  名
1班B:三輪L、鈴木正、八木    2班Y:内堀L、滝沢、鈴木次
3班G:有馬L、長瀬、安部     4班O:赤嶺L、百瀬、山崎
5班P:水島L、山本、小泉     6班B:石原L、西野、岩本
7班Y:嶋L、小川、白井
統括:鈴木俊明



# by kyoukai-kanbora | 2023-01-19 17:10 | 活動報告

令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング

大日堂<国指定重要建築物)>仏像拝観ハイキング 

 ~文化財拝観と大山古道を歩く~

参加者45名、ガイドは16名。先発の1~3班は秦野駅930発、後発の4,5は秦野駅発10:00のバスに乗車し出発。

令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09215329.jpg
                蓑毛行きバス停


今年は秦野市の指定文化財が特別公開された。

仁王門・大日堂には一人 当会のガイド専任者が付き説明、不動堂、地蔵堂は各班で説明し、貴重な文化財仏像を拝観できた。

続いて境内の、大山道標、仏名塔、宝篋印塔、光西上人入寂の地の話を聞き、大日堂を後にした。

令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09225564.jpg
               仁王門


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09232051.jpg
               大日堂


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09233971.jpg
               大日堂


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09235769.jpg
               地蔵堂


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09242257.jpg
                不動堂へ


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09244020.jpg
               不動堂


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09245823.jpg
               宝篋印塔


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09254331.jpg
               光西上人墓


御師の里の家並みに進み、御師集落の説明を聞く。

最初は神成家、ここは江戸期の農業指導者及び報徳運動家、後年は静岡地方に報徳の教えを広めた安居院庄七の生家、江戸末期から各地の困窮の村々を救い農民生活の安定化に貢献した人である。

常夜灯、御師の宿の趣が今も残る二階堂家、根岸家を見ながら、水車小屋のある昼食場所の緑水庵に着く。

令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09344967.jpg
               御師の里


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09351002.jpg
               御師の里


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09353666.jpg
               大山鳥居跡


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09373922.jpg
               緑水庵 水車小屋


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09381411.jpg
               緑水庵 御師の里案内板

令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_15151209.jpg
               緑水庵 たばこの花


午後は大山鳥居、春日社跡、二十三夜供養塔、才戸の道標(才戸は羽根尾道と、富士道が合流する場所であり、古は塞戸だったのが才戸に訛ったとの事)、傍らにある地神塔、道祖神、浅間大神塔、五角柱地神塔、馬返しの坂、更に歩いて東雲小学校跡、新秦野インターまでは完成開通している第二東名を見ながら、今年指定文化財で特別公開された円通寺の木造十一面観音菩薩蔵を拝観。

令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09395295.jpg
               大山鳥居


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09401443.jpg
               二十三夜供養塔


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09405917.jpg
               大山不動道標


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09412914.jpg
               大山道標


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09433078.jpg
               石仏群


続いて鹿島神社に立ち寄り、伝波多野城址に着く。

馬頭観音群やマタドの渡しを過ぎ、東公民館でトイレ休憩。

東田原の長閑な田園地帯を眺め、金剛寺の屋根も見えた、最後の訪問地の田原ふるさと公園は改築されたばかりの広い即売所、実朝御首塚、中丸遺跡の説明があり、解散。

令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09450606.jpg
               鹿島神社


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09471960.jpg
               鹿島神社説明板


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09474638.jpg
               円通寺


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09480982.jpg
               円通寺 十一面観音


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09514664.jpg
               伝波多野城址を望み


令和4年11月2日(水)大日堂(国指定重要建築物)仏像拝観ハイキング_d0261119_09521659.jpg
               馬頭観音群

中庭のバス停を案内し、ガイドも同乗し秦野駅へ、無事に帰途へ。秦野市以外からのお客様も多かった。お疲れ様でした。 

                         

お客様    45  名

観ボラガイド 16  名

1班  L;鈴木(雅)、西野、石井

2班  L;内堀、山本、岩田

3班  L;小澤、石原、長瀨

4班  L;端山、橋本、小川

5班  L:水島、岩本、赤嶺

仁王門・大日堂説明 鈴木(正)

統括: 赤嶺

                記 赤嶺



# by kyoukai-kanbora | 2022-11-29 15:07 | 活動報告

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施

軽便鉄道は明治39年秦野駅から二宮駅まで 約9,6キロを結んだ湘南馬車鉄道から始まる。大正2年に、動力が蒸気機関になり大正12年一部延長され最盛期を向かえ、秦野に経済発展等大きな貢献を成し遂げてきたが、関東大震災による被害や昭和2年小田原急行電鉄() (現小田急電鉄)の開通によりその使命を終え、昭和10年代に廃線となりました。

当時の駅跡にある、案内の碑と沿線コース上に残っている「軽便のみち」の石碑を尋ね歩きました。


参加者は37名。案スタッフは17名。4班に分かれ、秦野駅を出発。現イオン秦野の秦野駅跡を目指す。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09253943.jpg
               受付

軽便秦野駅跡で軽便鉄道の歴史を聴く。向かいのNTTビルが軽便秦野駅跡。ここから軌道の道筋が残る「軽便の道」を辿る。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09290888.jpg
               軽便秦野駅


龍門寺の縁起を聴き、台町を目指す。台町は専売局に線路が延長される前の秦野駅。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09301939.jpg
               龍門寺



令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09321659.jpg
               台町駅跡

ここから民家の脇を抜け命徳寺へ。ここでは、市文化財の薬医門を見学。線路は命徳寺総門から。水無川を渡り、養泉院の前まで直線であったようである 養泉院の坂を登り大竹駅跡に向かう。大竹の出口にある六地蔵を見ながら歩を進め、東名インター(ここが登りのピーク)を過ぎ、中井町に入る。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09332382.jpg
               命徳寺


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09401572.jpg
               逆川給水場跡


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09504304.jpg
               養泉院


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09513704.jpg
               嶽神社


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09521063.jpg
               大竹駅跡


旧道の分岐点にあたる「分かされ」に建つ不動明王の大山道標を見て隣にある上井ノ口駅跡に到着。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09524731.jpg
               大山道標


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09530813.jpg
               上井ノ口駅跡


ここから下り坂を歩き蓑笠神社へ、名前の由来のスサノオ伝説と御神木の説明を聞く。鳥居の横には多くの石仏が建つ。東に進むと金目観音に向かうという。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09534689.jpg
               蓑笠神社


続いて井ノ口公民館に寄り、軽便鉄道の模型を見学した。

厳島湿生公園に到着、公園の風景を見ながら昼食を摂る。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09551011.jpg
               厳島湿生公園で昼食


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09554398.jpg
               厳島湿生公園


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09560648.jpg
               厳島神社


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09575253.jpg
               シラサギ


午後は米倉氏ゆかりの米倉寺へ向かう。米倉氏の墓所を見学後、お寺の許可をいただき本堂参拝。

飛騨の甚五郎作と伝わる阿吽の龍や、欄間彫刻を拝観した。彫刻の見事さに皆さん見入っていた。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09582809.jpg
               米倉家墓


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09585705.jpg
               米倉寺本堂


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_09592497.jpg
               米倉寺本堂


ついで寺向いの春日局ゆかりの一夜門を見て、下井ノ口駅跡を過ぎると、葛川沿いの遊歩道を歩く、ここは気分転換に良いコースである。運がよいと「カワセミ・キジ」等の野鳥が見られる、今日は数人が「カワセミ」を見た。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_10000794.jpg
               一夜門


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_10015251.jpg
               下井ノ口駅跡

一色駅跡、中里駅跡、萬年橋では往時の風景画写真と現在を比べて楽しみました。

二宮駅跡(軽便唯一の遺構である本社の建物があった所だが残念ながら5年前二階部分が老朽化により取り壊された)に到着。

令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_10025133.jpg
               中里駅跡


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_10031460.jpg
               万年橋


令和4年10月20日(木) 軽便の道を歩くを実施_d0261119_10033127.jpg
               二宮駅跡

消えつつある貴重な文化をガイドして、全員無事二宮駅に到着、お客様と笑顔で解散した。

今年は新型コロナ感染予防で スタッフを含め 全員検温、マスク着用、密を防ぐ対応を行なった。

1班 鈴木正、平田、小泉、鈴木良

2班 水島、赤嶺、西野、岩田

3班 鈴木俊、長瀬、嶋、山崎 

4班 内堀、三輪、岩本、小川会長             

小澤 記



# by kyoukai-kanbora | 2022-11-11 16:49 | 活動報告

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策

10月4日(火)「本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロード散策」を実施。

参加者は26名 ガイドスタッフ21名

季節はずれの高温晴天の下、秦野駅を4班に分かれ出発。吾妻道に入る。

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16434309.jpg
               秦野駅


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16440524.jpg
               水無川遊歩道

豆峰、清水虎吉商店、茶舗立花屋と案内し、国登録有形文化財(建築物)の五十嵐商店に到着。代表的な看板建築である。カフェいがらしオーナーの小野様のご厚意で内部1,2,3階と倉庫も見学、皆さん興味深く見学していた。また外装の凝った装飾が素晴らしい。

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16443818.jpg
               豆峰商店前の交差点


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16451218.jpg
               清水商店


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16453447.jpg
               立花屋茶舗


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16460402.jpg
               五十嵐商店


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16462474.jpg
               五十嵐商店 小野さん


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16465650.jpg
               五十嵐商店 倉庫内

続いて枡屋(ここも看板建築だが、桝屋さんは廃業し、コーヒー店他の店舗として存続)、聖ルカ協会を巡り、四つ角で十日市場の歴史の説明を聴き、普川邸、旧町役場跡(門柱のみ残る)、宇山商事(ここも国登録有形文化財の出桁建築)、梶山米店を廻りイオン(ここは専売公社鴨居寮のあったところ)まで進み、引き返して曽屋道に入る。

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16480559.jpg
               桝屋


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16484049.jpg
                 聖ルカ教会


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16491711.jpg
                 四つ角


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16494524.jpg
                普川邸


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16503937.jpg
                旧町役場跡


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16511006.jpg
                宇山商事


古峰神社、石田屋塩蔵、大用寺を経由して大道に入る。道沿いにある石田邸(出桁建築が見事)を見学。(つづく野村家は残念ながら壊された)ここからくずは峡谷を目指す。

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16522246.jpg
               古峰神社


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16524555.jpg
               塩蔵


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16530947.jpg
               大用寺


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16533361.jpg
               大用寺


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16541148.jpg
               石田邸

途中、平野屋を案内、続いて江戸時代井之大明神といい曽屋村の鎮守だった曽屋神社を参拝。拝殿が見事。井之明神水で一服後、くずは峡谷に到着。広場で職員の方からくずは峡谷の説明を聞き、昼食となった。

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16545118.jpg
               平野邸


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16551209.jpg
               曽屋神社


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16554680.jpg
                井之明神水


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16562755.jpg
               くずは峡谷の入口看板


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16564894.jpg
                くずはの広場で職員から説明を受ける

午後は吊橋を渡り、露頭を見学(整備されよく観察できた)して峡谷を後にする。

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16580142.jpg
               露頭

金毘羅神社から国道246沿いを歩き県道に戻り、水神祠を見学。人知れずひっそりと建つ。藪は刈られて助かった。ここから城光院を目指すが藪で通れず迂回して到着。

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16583258.jpg
               金毘羅神社


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16585289.jpg
               水神


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_16591745.jpg
               城光院

さらに隣の国登録記念物の曽屋水道記念公園で小休止。乳牛通りに入り、望月家を案内し、続いて天徳寺を参拝、玉川屋豆富店を見て、ひがしみちを通り、秦野駅に14時30分までに到着した。季節外れの高温だが湿度が少なく快適なハイキングとなった。

令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_17003342.jpg
               旧曽屋配水場


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_17005637.jpg
               望月邸前で


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_17015957.jpg
               天徳寺


令和4年10月4日(火)本町の建築群とくずは峡谷・森林セラピーロードを散策_d0261119_17022091.jpg
               ことぶき料亭跡

統括 鈴木正 1班:平田、有馬、端山、白井、岩田、2班:鈴木俊、西野、嶋、石井、山崎3班:小川、鈴木雅、長瀬、八木、小泉、4班:水島、内堀、西口、岩本、鈴木次

  記 鈴木正



# by kyoukai-kanbora | 2022-10-11 17:07

令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施

2022916日(金)「上地区彼岸花ハイキング」

コロナ禍も3年目の半ばを過ぎそれなりに自己防衛策も定着したかに見える。9月に入り台風や秋雨が続く中、久々のハイキング日和に恵まれた。

定員30名のところキャンセル待ちのお客様が30名以上ご応募いただいた。交通機関利用もないコースであるため60名で対応することとした。しかし直前のキャンセルが発生し実際は46名参加で、各班ゲスト8から10名、観ボラ3から4名での5班対応となった。

令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16221746.jpg
               受付風景

78月のハイキング休止期間後のハイキング再開である。

ガイドは19名、観ボラ朝礼直後から受付を開始、830分には第1班が出発となる。最終5班は99分に出発となった。

例年の御嶽神社から桂林寺を経て、四十八瀬川沿いに入るコースの彼岸花生育が今一つのため、今回は甘柿橋から下流の田頭橋から四十八瀬川沿いを下るコースに変更した。

その結果、熊野神社から菖蒲地蔵堂跡、バス停横馬頭観音、東光寺、浄徳院を経て、上公民館に至る行程で上公民館で昼食をとり、以降の行程は従来通り。

一行(5班)は渋沢駅北口から西に向かい、大森家本家前から田頭橋の四十八瀬川沿いに急坂を下る、途中道端の道祖神群に感動、田頭橋を渡り小田急線ガードをくぐり、四十八瀬川沿い土手に入る。

令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16235128.jpg
               四十八瀬川沿いを進む

途中、一週間まえの下見状況以上に彼岸花が散見された(開花前が多いが)、歩きながら30分ほど川沿いを散策、上地区の自然や生活についての説明を聞きながら小田急線踏切を渡り、熊野神社に向かうやや登り坂の古道に入る。

途中道端の馬頭観音群に興味をひかれ熊野神社に到着、水分補給後、菖蒲地蔵堂跡、バス停横馬頭観音、東光院、浄徳院では萩の花に感動。

令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16244992.jpg
               熊野神社手前の石仏群


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16260644.jpg
               熊野神社


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16272318.jpg
               地蔵堂跡 二十三夜塔


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16280279.jpg
               地蔵堂跡 観世音菩薩塔


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16290922.jpg
               バス停横 馬頭観音


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16304874.jpg
               東光院


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16310966.jpg
                東光院


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16314280.jpg
               浄徳院


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16320241.jpg
               浄徳院 萩の花

昼食後上公民館を出発、生き物の里に向かう、彼岸花やガマの穂、羽黒トンボがみられた。

令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16323336.jpg
               生き物の里


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16330943.jpg
               ガマの穂


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16333635.jpg
               羽黒トンボ


さらに行程は、長福寺、不動院(白體不動尊)、柳川道祖神を経て再び、上公民館でトイレ休憩、上秦野神社、イボ地蔵から渋沢駅に向かった。

令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16340445.jpg
               長福寺


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16342740.jpg
               長福寺本堂


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16345708.jpg
               不動院


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16352925.jpg
                柳川道祖神


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16355201.jpg
              上秦野神社


令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16362463.jpg
               イボ地蔵

途中御嶽神社でハイキング終了時の挨拶と皆さんから楽しく有意義なハイキングであったとの感想を伺った。

令和4年9月16日(金) 上地区彼岸花ハイキングを実施_d0261119_16370114.jpg
               御嶽神社にて終了挨拶

下見時に懸念された山ヒル被害で予防策としてゲスト足元に忌避剤散布した、また、彼岸花は下見時の期待以上に開花が見られコース変更の甲斐ありと判断された。(文責:鈴木俊明)

(班構成) 

1班(ゲスト10名):平田L、鈴木正、長瀬、鈴木次

2班(ゲスト8名):赤嶺L、西野、岩本、石井

3班(ゲスト9名):小沢L、西口、白井、岩田

4班(ゲスト9名):内堀L、山本、八木

5班(ゲスト10名):水島L、小川、山崎、鈴木俊

統括:鈴木俊



# by kyoukai-kanbora | 2022-09-30 15:56 | 活動報告
line

秦野市観光ボランティアの会の活動を様子をお伝えします。


by kyoukai-kanbora
line